干し柿パン

img_1627

市田柿と言ったら飯田下伊那地域の代表する高級干し柿です。
10月下旬ころから収穫、皮むき、つるして、渋が抜けて美味しいドライフルーツとなります。
渋柿だったのに干すとどうして渋が抜け、粉が吹き、とろ~りとした甘さになるのでしょうね。

img_1643

もっちりした食感、上品な甘さが市田柿の特徴(あ~食べたくなってきました♪)
また、干し柿には、ビタミンやミネラル、ポリフェノール、食物繊維が豊富で美容や健康づくりのお手伝いもしてくれそうですね(^^)

img_2640

そんな高級な地元食材を使い今年も「干し柿パン」を作りました。ほしの天然酵母のパン生地に、炒り玄米粉を入れて香ばしくもっちりした食感に仕上げました。そこに干し柿が入り上品な甘さ。そしてオレンジ色がきれい。

img_6541

今年は阿智村のおとなりのお隣のおとなり・・・松川町で市田柿を分けていただきました。そのまま食べても十分美味しい干し柿入りです。

数に限りがあります。
発送のご注文はお早めに♪
下記からご注文いただけます👇

干し柿パン 峠のパン屋 キッチンストーブ

ニソワーズ サンドイッチ

2019-01-16-1南フランス・ニースの定番料理「ニソワーズ」
じゃがいもやトマト、オリーブにさやいんげん等々、たくさんのお野菜が入ったボリュームたっぷりのサラダ。
私は冬にトマトときゅうりを食べるのが抵抗あるので(レタスは平気なのに)
彩にパプリカを添えました。
インゲンもなかったけれど、代わりにこの時期で回っているスナップエンドウを使いました。
そして大好きな、ブラックのオリーブ
ゆで卵と前日作ったハーブチキンをサンド。
なかなかそれっぽく仕上がりましたよ(^^)

2019-01-16-2

そしてこのサラダをパンにはさんで食べるのが大好き♪
今回はほしの酵母のコッペパンに焼き目をつけて、バターを塗りドレッシングであえたニソワーズをはさみました。

お休みの日。
ゆっくり流れる時間と、ボリュームたっぷりのサラダ&サンドイッチ
今度はどんなパンを焼いてサンドイッチを作ろうかな~なんて考えるのが至福のひとときです。

ドレッシング(オリーブ油大さじ4、白ワインビネガー大さじ1、おろしにんにく1/2片分、塩、こしょう各少々)