2月お花教室

お天気良く温かい一日
今年初めてのお花教室です。
今日はお誘いしたお友達3人の初参加。
バイトに来てくださっている中村さん お茶の先生北原さん 犬婦人酒井さん
にぎやかで楽しい教室となりました。

まずは腹ごしらえ。初めて行く山羊印カレーをいただく。安くておいしい!

1時から綿半コットンにて
唐木先生お花教室

北原先生のUFO花器と苔むした枝 梅
苔むした枝は霧を吹くと淡いグリーンになる。

中村さんの持ってきたかご。
ちょっと暗めの赤紫のダリアを囲むように春らしいクリスマスローズを。
仕上げに梅の枝を半分ほどしごき蕾を丁寧にとり、人差し指と中指、親指でゆっくり曲げながらカーブをつけたものを刺す。(こうすると折れない)
下のほうの余分な蕾は取ってしまい上部部分に「ためる」ことをする。

椿は上向きに
筒状の花瓶はお花を生けるために生まれたので、お花を選ぶ。
先生は蕾のうちから生ける用に形を整えておかれるとのこと。
花瓶にあわない花は短く切って浅い器に並べると素敵。

黄色と黒の組み合わせは春を感じさせる花。
木の枝を逆さに入れるのには驚きましたが先生が生けると素敵に形になります。

最後に私が選んだ花器(菓器)とクリスマスローズ
りんごの里で植木を3鉢購入。すでに咲いたものだったのでそれを切って持参。
私は縦に生けましたが、先生は全部抜いてしまい「昔からお花をやっている母の世代はどうしても縦に生ける」とおっしゃりこのように生けなおしてくださいました。
before→afterで私の生けたものも撮っておけばよかった。
古木を枕にしてお花を上向きに。
ため息が出るほど素敵に生まれ変わりました。

クリスマスローズは50℃くらいのお湯で水揚げをすると(その際生けたい花の形を手で整えながら)花が上向きになり長持ちするそうです。

今回先生は伊那からご自分で運転されて、時間に余裕があったのか生徒さんとゆっくりお茶の時間を楽しまれました。
そこでお聞きする先生の人生観。お花に対する気持ちや心構え。
大変勉強になりました。
お花と人生勉強もさせていただく会
良いご縁に巡り合いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中