ベーグル ドライストロベリーサンド

プレーンベーグル
ドライストロベリー
クリームチーズ
はちみつ
ローストアーモンド(ダイズ)スライスでも

先日のベーグルサンド教室で人気があった「ドライストロベリーサンドイッチ」

時期的に生のいちごを使えばよかったのですが

ベーグルの弾力有る生地に負けそうな気がしたので、甘さと酸っぱさにパンチのあるドライを使ってみました。

想像通り(^^)

クリームチーズにも負けず、ベーグルにも負けず

しっかり主張していました。

とはいえ独り歩きせず、クリームチーズやはちみつ、ナッツと調和し

コクの中に甘酸っぱいいちごの風味が生きてました。

さらにサクサクの食感もよかったです。

今回軽くトーストしてしまいましたが、焼かずに冷たいままのベーグルサンドが美味しいと思います。

2月お花教室

お天気良く温かい一日
今年初めてのお花教室です。
今日はお誘いしたお友達3人の初参加。
バイトに来てくださっている中村さん お茶の先生北原さん 犬婦人酒井さん
にぎやかで楽しい教室となりました。

まずは腹ごしらえ。初めて行く山羊印カレーをいただく。安くておいしい!

1時から綿半コットンにて
唐木先生お花教室

北原先生のUFO花器と苔むした枝 梅
苔むした枝は霧を吹くと淡いグリーンになる。

中村さんの持ってきたかご。
ちょっと暗めの赤紫のダリアを囲むように春らしいクリスマスローズを。
仕上げに梅の枝を半分ほどしごき蕾を丁寧にとり、人差し指と中指、親指でゆっくり曲げながらカーブをつけたものを刺す。(こうすると折れない)
下のほうの余分な蕾は取ってしまい上部部分に「ためる」ことをする。

椿は上向きに
筒状の花瓶はお花を生けるために生まれたので、お花を選ぶ。
先生は蕾のうちから生ける用に形を整えておかれるとのこと。
花瓶にあわない花は短く切って浅い器に並べると素敵。

黄色と黒の組み合わせは春を感じさせる花。
木の枝を逆さに入れるのには驚きましたが先生が生けると素敵に形になります。

最後に私が選んだ花器(菓器)とクリスマスローズ
りんごの里で植木を3鉢購入。すでに咲いたものだったのでそれを切って持参。
私は縦に生けましたが、先生は全部抜いてしまい「昔からお花をやっている母の世代はどうしても縦に生ける」とおっしゃりこのように生けなおしてくださいました。
before→afterで私の生けたものも撮っておけばよかった。
古木を枕にしてお花を上向きに。
ため息が出るほど素敵に生まれ変わりました。

クリスマスローズは50℃くらいのお湯で水揚げをすると(その際生けたい花の形を手で整えながら)花が上向きになり長持ちするそうです。

今回先生は伊那からご自分で運転されて、時間に余裕があったのか生徒さんとゆっくりお茶の時間を楽しまれました。
そこでお聞きする先生の人生観。お花に対する気持ちや心構え。
大変勉強になりました。
お花と人生勉強もさせていただく会
良いご縁に巡り合いました。

西部地区女性のつどいベーグル教室

2019-02-02
阿智村公民館主催
西部地区女性のつどい(根羽村・平谷村・阿智村)にて
ベーグルサンドイッチ教室で講師を務めさせていただきました。
参加人数は13名
場所は阿智村保健センターです。
ベーグルを使ってサンドイッチと公民館のご要望でベーグルを焼くこともしたいとのことで、お話をいただいた時から、頭を悩ませていました。

今回は5種のサンドイッチ
用意した具材はざっとこんな感じです。
あとこれに各自でゆでてもらったゆで卵。

1日前に焼いたベーグル30個
当日茹でて焼いてもらうベーグルは20個分。
あさイチお店のパンと持参するベーグルとで予想はしていたものの、てんてこ舞い。でも前日までの下準備をかなり入念に行ったので時間通りに始めることができました。

・定番のサーモンとアボカド(スモークサーモン・アボカド・ハーブクリームチーズ・オニオンスライス・グリーンリーフ・ケーパー・ブラックオリーブ)
・和風焼肉サンド(豚肉の焼肉・素揚げレンコン・リーフレタス・人参の千切り・好みでオニオンスライス)
・ゆで卵のマヨネーズ和えアンチョビサンド(ゆで卵・アンチョビ・リーフレタス・好みでブラックオリーブ)
とくに決まりごとはなく、基本何をはさんでも合うので、お好きなものをお好きな組み合わせで。

甘系のサンドイッチは
・ドライいちごとクリームチーズのハニーサンド(ドライいちご・クリームチーズ・ローストスライスアーモンド・はちみつ)
・ブルーベリージャムとクリームチーズサンド

さてさてサンドイッチを作ってる合間に、ベーグル作りです。
キッチンストーブのベーグルは自家製天然酵母なので最初からやるとなるとそれこそ3~4日はかかります(笑)
そこで捏ね上げ分割、丸めまでして持参。ちょうど発酵時間を計算し皆さんに成形してもらいました。
その後茹で上げすぐ焼きます。
もう少し余裕をもって写真を撮ればよかったのですが、なかなかそうもいかず(^^;;)ブーメラン型になるものも多かったのですが、おおむね上手くできました。

時間もきっかり11時ころには試食することができました。
みなさん焼きたてのベーグルのおいしさにびっくり!
初めて食べた方も多く手軽の食べられ美味しいサンドイッチも大好評でした。
お片づけはさすがに皆さん女性はてきぱき心得てみえるので、12時きっかりにすべてを終えることができました。

参加された皆さんが満足されるよう準備期間が大変でしたが、予想以上に喜んでいただけやりがいのある会となりました。
主催者の皆様
参加された皆様
ありがとうございました。

干し柿パン

img_1627

市田柿と言ったら飯田下伊那地域の代表する高級干し柿です。
10月下旬ころから収穫、皮むき、つるして、渋が抜けて美味しいドライフルーツとなります。
渋柿だったのに干すとどうして渋が抜け、粉が吹き、とろ~りとした甘さになるのでしょうね。

img_1643

もっちりした食感、上品な甘さが市田柿の特徴(あ~食べたくなってきました♪)
また、干し柿には、ビタミンやミネラル、ポリフェノール、食物繊維が豊富で美容や健康づくりのお手伝いもしてくれそうですね(^^)

img_2640

そんな高級な地元食材を使い今年も「干し柿パン」を作りました。ほしの天然酵母のパン生地に、炒り玄米粉を入れて香ばしくもっちりした食感に仕上げました。そこに干し柿が入り上品な甘さ。そしてオレンジ色がきれい。

img_6541

今年は阿智村のおとなりのお隣のおとなり・・・松川町で市田柿を分けていただきました。そのまま食べても十分美味しい干し柿入りです。

数に限りがあります。
発送のご注文はお早めに♪
下記からご注文いただけます👇

干し柿パン 峠のパン屋 キッチンストーブ

ニソワーズ サンドイッチ

2019-01-16-1南フランス・ニースの定番料理「ニソワーズ」
じゃがいもやトマト、オリーブにさやいんげん等々、たくさんのお野菜が入ったボリュームたっぷりのサラダ。
私は冬にトマトときゅうりを食べるのが抵抗あるので(レタスは平気なのに)
彩にパプリカを添えました。
インゲンもなかったけれど、代わりにこの時期で回っているスナップエンドウを使いました。
そして大好きな、ブラックのオリーブ
ゆで卵と前日作ったハーブチキンをサンド。
なかなかそれっぽく仕上がりましたよ(^^)

2019-01-16-2

そしてこのサラダをパンにはさんで食べるのが大好き♪
今回はほしの酵母のコッペパンに焼き目をつけて、バターを塗りドレッシングであえたニソワーズをはさみました。

お休みの日。
ゆっくり流れる時間と、ボリュームたっぷりのサラダ&サンドイッチ
今度はどんなパンを焼いてサンドイッチを作ろうかな~なんて考えるのが至福のひとときです。

ドレッシング(オリーブ油大さじ4、白ワインビネガー大さじ1、おろしにんにく1/2片分、塩、こしょう各少々)

 

日本一の星空 浪合パーク

7月7日 標高1200mの治部坂高原に星空鑑賞施設「浪合パーク」がオープンとなり、オープニングイベントに行ってきました。

この建物は元々「宿り木の湯」という日帰り温泉施設で、8年前にcloseしていたので、改装し見違えるほど素晴らしい施設に変身しました(^-^)

パーク内メインでもあるこの施設には、展示会やワークショップを行うホール、星空鑑賞を行うためのグッズを揃えたショップやレンタルショップ、地元の名産を集めたお土産コーナーもありました。

あ!

銀命水サイダーも❣️

オープニングイベントでは、主催者、来賓挨拶の後、窓一面のロールスクリーンに星空の映像が映し出され、星を見ながら神話のお話を聞くことができ、とてもロマンティックな気分に浸れました♪

また、約一万平方メートルのパーク内には星空鑑賞会や各種イベントを行う芝生の広場があり、快適に星空観測や写真撮影ができる星空デッキもあります。

この星空デッキは各スペース、仕切りがしてあり、真ん中には望遠鏡やカメラを平らに設置する場所が設けてあります。(コンセント付き)

利用料金は一棟5000円

一棟辺りの利用人数は1人〜4人で、18時〜翌朝の7時までとなっていました。

私も名古屋からこの地に越してきて20数年経ちましたが、未だに治部坂の星空は見飽きることがありません。

星に詳しい人もそうでない人も、皆さん楽しめる新しい形の星の施設。

満点の星空を色々な角度から楽しんでみませんか?

日本一の星空 浪合パーク

https://namiai-park.com/

アサギマダラ

暑い日が続きますね。

銀命水サイダーのご注文も増えてきました。

阿智村園原にある ビジターセンター「はゝき木館」でもサイダーのご注文をいただき配達して参りました。

この施設は園原に関連した展示や案内を行うミニ資料館です。

施設内にはカフェ「ほうきの木」が併設されていて眺めの良い南アルプスを見ながらお茶をすることもできるんですょ(^-^)

今日はコーヒーゼリーをいただきました。

スタッフの方と軽くお話をし、リラックスした時間を過ごしていたら、今こんなものがあるんですよ、と見せてくれました。

ぱっと見ガラス細工の勾玉?薄黄緑色がピカッと輝いてとてもきれい。

なんと!アサギマダラのサナギでした。

色鮮やかな幼虫が葉(毒が含まれている)を食べやがて…

サナギになるそうです。

園原ビジターセンターのイベントスペースにはあちこちサナギがぶら下がっています。

ビジターセンターでは毎年一部のスペースを網で囲って、アサギマダラに卵を産み付けてもらうそうです。卵から、そこから幼虫が生まれあちこち動き回り、サナギになって、やがてアサギマダラとなり飛んで行く、とのこと。

貴重で美しいこの蝶は園原周辺で多く見られ、私の住む浪合、治部坂高原でも時々見られます。

蝶に興味のある人も無い人も、このサナギの美しさには魅了されると思います。まだまだ見られると思いますので是非お出かけ下さいませ☆

そして喉が渇いたら銀命水サイダーどうぞ(^_−)−☆

園原ビジターセンター

はゝき木館

https://www.hahakigi-kan.com

火曜日定休

山紫陽花 七変化

先日たかどやファームで購入した山紫陽花が見事に彩色しました。img_3750

IMG_0873山紫陽花
藍姫
深い青が素敵ですね~

img_3751

IMG_0882山紫陽花

花弁の先がほんのりピンクになりました。
まだ七変化するのかな?
楽しみです(^^)

キッチンストーブの店先にそっと植わっています。
まだまだ小さいけど毎年大きくなるのが楽しみですね。
ご来店の際は合わせてお楽しみください。

花束をいただいて

お店を復帰したとのことで可愛い花束をいただきました。
パンを楽しみに待っていました、とお言葉を添えていただき本当にうれしかったです♪
その花束の写真を取り忘れて今しましたが、ラッピングをほどき、花瓶にさすときせっかくのアレンジが崩れてしまいました。
うーん形にならない・・・と悩んでいた時、ふと花の種類ごとに花瓶にさしてみたら・・・
花瓶といっても、空き瓶や水差し
全体のバランスを見て並べたら
あら素敵♡
IMG_3826おしゃれな(ミニ)お花屋さん風になりましたよ。

上の写真はiphoneで撮りましたが、一眼レフで個々に撮ってみました(^^)

IMG_0839これは先日お邪魔した一宮のパン屋さん「サヴァシヴァ」の早百合さんからいただいた人参の花。黄色いのはサヴァシヴァの玄関先に咲いていたシロタエギクの花。

IMG_0847
一目ぼれ購入したサボテンの「緋牡丹」

IMG_0851.JPG八重でピンクの可愛いトルコ桔梗
IMG_0852.JPG
このオレンジが大好きなキンセンカ。
日の出とともに花開き夜には閉じるとか。

IMG_0857
新種のなでしこかな?これは一種類だと寂しかったのでかすみそうと合わせました。
かわいらしいですね。

これなら枯れたものから、簡単に取り換えることができ便利。
これからの季節、梅雨空が広がっても、お店の中が華やぎそうですね。

 

サヴァシバにて

天真爛漫 可愛らしいけど、ちゃんと自分の世界を持ってる彼女。

私(左) サヴァシバの早百合さん 直美ちゃん(右)

私の実家の近くで自家製天然酵母のパン屋さんをしている彼女は、偶然共通のお友達がいて、2人で訪ねて行きました。

週二回のみ開店のパン屋さんが偶然やっていてラッキー☆訪ねて行ったらスコーンを焼いていましたよ。

お会いするのは二回目なのに、なんだかとても気が合い、昔からの付き合いみたい。

それも彼女が飯田市出身(今私の住んでる村の近く)だから尚更なのかも。

お花が好き、自然が好き、共通の話題もあり、同い年、彼女の生き方も共感して親近感が湧きました。

良い出会いに、共通のお友達にも感謝♡♡♡また伺いたいと思います♪

ちょっと残念なお知らせですが、夏の暑い間はパン屋さんお休みするそうです。お問い合わせの上お出かけください。

サヴァシバ

愛知県一宮市千秋町町屋仲橋19

0586-58-3035

開店日 水曜日と金曜日

11:00-18:00