TAKARAチーズ工房さん

大雨の合間をぬい、一つ峠を越えて売木村へドライブ。
目的はやぎの乳でチーズを作っている「TAKARAチーズ工房」さんです。

きっかけは、最近知り合いになった牛飼いの彼女の紹介で、とてもバイタリティ溢れる方が、売木村でやぎを24頭(聞き間違いなければ…)飼い乳を搾ってチーズを作っていると聞いたのでこれは早速行かねばと車を走らせました。

店内にはやぎのミルクとチーズのショーケースが。清潔感がありやぎの乳のような白い壁が印象的でした。
なんとオーナーさんは女性!素敵な笑顔とチーズのお話にすっかり引き込まれ、梅雨のじとじとも忘れ気持ちが暖かくなりました。
三種のチーズ フレッシュ・シェーブル・ハイジのチーズを試食させていただきました。
三種三様 酵母や作り方が違うとのこと。それぞれ特徴はありますが食べやすく、私の持っているやぎチーズより優しくフレッシュな味わいで美味しくいただきました。

購入したものは、やぎ乳とシェーブル。
私の焼いたパンに合わせて食べるのが楽しみです(^^)

我が家の裏庭 白い花盛り

北側の裏庭というか、裏山というか、崖ですね。お手入れをしていませんが、お互い意識しながら目を出し花を咲かせているようです。
北側の窓から今目立つかずらの花。もう終わり頃でしたね。
派手さはありませんが可愛い蕾がいっぱいの山紫陽花。
もうすぐ花が咲くギボウシ
雪の下も花が咲きました。

梅雨の間、雨に濡れて艶やかな裏庭。窓からの景色は忙しい毎日の癒しとなっています。

今年の雪で外れた雨樋。直さなくては😅💦

ヤギ乳パン

うメェ〜
ヤギ乳パン😊

ヤギのお乳をたくさんいただいたので、水を使わずヤギ乳でパンを焼いてみました。
イメージはハイジの白パン♪

お乳を沸騰させて試飲。
前ほど苦手では無くなっていましたが、やはり独特の香りがします。

しかしパンを焼いたら、その香りは全く無くなり、優しいコクがプラス。プレーンなパンですがそのままでも充分美味しかったです。

保健所の許可等々あり
販売出来るかお問い合わせ中ですが、とりあえず試作ということで作ってみました^ ^

やなぎファームさん
ありがとう〜
ヤギさん
ありがとう〜😊

小林農園さんの自家製ピクルス

長野県飯田市で有機無農薬できゅうりを育て販売されている小林農園さん。
奥様のsaoriさんとはもう何十年のお付き合いです(^^)そのsaoriさんから小さなきゅうりで、ピクルスをつけたよ~と連絡をいただきました。

白いのは発行している証拠?!

そのピクルス。なんと塩とハーブ、ニンニクのみで乳酸発酵させた本格派!!
貴重なピクルスをひと瓶頂けるというので、我が家で追加発酵させました。
いただいてから3日後くらいに、連絡が来て「食べてみて!おいしいから」
ちょうど目の前にあり白濁した瓶を眺めていたところだったので、一ついただきました。
瓶のふたがポン!とあき中から軽く酸っぱいにおいが・・・

あらあら!おいしい!
酸味も塩味もまろやかでほんのりハーブの香りが私のイメージするピクルス感を醸し出しています。

これは大ヒット!
というのも同じ配合でお漬物屋さんにピクルスを漬けてもらっているそうです。きゅうりも無農薬、お塩もこだわりの塩でもちろん無添加。製品化されたものを早くいただきたくなりました。

そして急きょ卵を茹で新玉ねぎを刻んでタルタルソース?じゃないなこの具の量は立派な卵サンド(笑)
程よい酸味とシャキシャキ感で美味しいサンドイッチとなりました。

こだわりの食材を使ったものをいただくときは、おいしい飲み物で。
豆から挽いてコーヒーと共にリッチなお昼ごはんとなりました。

小林農園さんのピクルス楽しみですね

むてんかこばきゅうさんのFacebookページはこちら
https://www.facebook.com/mutenkakobakyu.otukemono/

こばきゅうさんのお漬物を購入するならこちらから(まだ1種類ですがこれから増えていきます)https://www.creema.jp/creator/2768715

Cafe niwa nowa Leeds yard

自粛ムードも店舗を構える側にとってはそろそろ動き出したいところ。長年お付き合いのある、まりさんのお店niwa nowaも焼き菓子テイクアウトから始めた~とうわさを聞きつけ行ってきました。」

今日行きま~す♪と連絡を入れたら他用があるにもかかわらず、まりさん待っていてくれました。
お店とドアを開けたら、いい香りとスタッフさんの笑顔でいつもふんわり優しく包み込んでくれます。

積もる話も尽きなかったが、まだまだ話し込んではいけない時期でもあるし、ほんのりぬくもりのあるマフィン5種ととタルト2種を購入。

甘いアフィン。紅茶とチーズのマフィン、ラムレーズンのマフィン、チャイにおやつのクッキーが差してあるマフィン
しょっぱいマフィン。カレーマフィンと玉ねぎチーズマフィン(あってる?)昨日我慢できずに食べてしまったのではんぶんずつ(笑)

次の日というか今日。
体調を悪くして休んだ娘がもそもそ起きてきて一緒にマフィンでブランチ。どれも甘さがちょうどよくしっとりしていて、それぞれの素材のおいしさが引き立つマフィン。美味しい~と言ってまた床に入りました。

お持ち帰りのオリジナルコーヒーもすぐいただいちゃう(笑)明日は何があるかわからない。何でもおいしいうちにね(^^)
ブラックベリーのタルトと紅茶とオレンジのタルト。コーヒーと共に美味しくいただきました。

ランチも来週から始まるようです(11時30分~15時30分)

ソーシャルディスタンスで席が少なくなりますが、適度に皆さんのぞいてみてください。

コロナで疲れた体と頭が癒されますよ。きっと♪

あ、焼き立てマフィン欲しい人はOPENすぐがねらい目とのこと。

https://www.facebook.com/LeedsYard/

長野県飯田市川路7536

カミーノさんの小麦でパンを焼く

有機農園カミーノさんの小麦でパンを焼いてみました。自家製天然酵母を使ってユメセイキ100%のごろっとしたパンです。想像以上に風味が豊かで甘味があり食べやすい。トーストすると表面がカリカリになって中はもっちりした食感でした。
ちょうどオニグルミがあったのでせっせと中身を取り出しくるみ入りも焼いてみましたよ。地元素材が合わさり、おいしさも余計に感じました。
もう一つは以前から焼いてみたかった「スペルト小麦」今回はいつもの国産小麦に半分いれてベーグルを焼いてみました。「スペルト小麦」は古代小麦と呼ばれているようで食物繊維・ビタミン・ミネラルと良質なたんぱく質が特徴の粉、とのことです。
こちらもクセがなく、小麦のミネラルの味わいが楽しめました。

一緒に分けていただいた中にライ麦の全粒粉やユメセイキの粒(自家製粉します)もあり、キッチンストーブの天然酵母と合わせ試作したいものばかり。
いろいろ配合を変えて楽しんでみたいと思っています(^^)
美味しい小麦粉をありがとうございました。

Yanagi Farmさんへ

長野県の南 下伊那郡喬木村で柑橘類・トロピカルフルーツを作っているYanagiFarmさんへお邪魔させていただきました。

長野県はフルーツや野菜がとても美味しい地ですが、山に囲まれ標高の高い地域も多く気温も低め。

残念ながら(一部地域と種類を除いて)暖かい地域で穫れる果物(柑橘系)は路地では育ちません。

YanagiFarmさんもハウス栽培ですが、見慣れない花や葉、実にときめいてしまいました。

メインは最近話題のフィンガーライム。

かりんとうのような実が葉陰から見え隠れ。

半分に切ると中から粒つぶした種?実が!

プチプチした食感の後に爽やかな酸味が口の中に広がり初体験の味わいでした。

他にもパッションフルーツや、珍しいレモンなど花から実に変化していく姿は美しいものばかりでした。

珍しい果物も皆さんの手に入りやすくなるといいですよね(^^)

パッションフルーツの花~実ができるところ。トケイソウとは違うんだとか。
フィンガーライムのピンク。食べごろになるともう少し赤みが出てくるそうです。

鯖缶のオリーブオイル漬け

レシピ本を少しアレンジして鯖缶の水煮をオリーブオイルに漬け込んでみました。

鯖の水煮缶1缶(ひと瓶に1缶)
オリーブオイル 材料が浸る程度
グリーンオリーブ・ブラックオリーブ
きんかん 各1個ずつ
プチトマト
ローズマリーの枝とローリエの葉

どんな味わいになるか?楽しみです。

ベーグル ドライストロベリーサンド

プレーンベーグル
ドライストロベリー
クリームチーズ
はちみつ
ローストアーモンド(ダイズ)スライスでも

先日のベーグルサンド教室で人気があった「ドライストロベリーサンドイッチ」

時期的に生のいちごを使えばよかったのですが

ベーグルの弾力有る生地に負けそうな気がしたので、甘さと酸っぱさにパンチのあるドライを使ってみました。

想像通り(^^)

クリームチーズにも負けず、ベーグルにも負けず

しっかり主張していました。

とはいえ独り歩きせず、クリームチーズやはちみつ、ナッツと調和し

コクの中に甘酸っぱいいちごの風味が生きてました。

さらにサクサクの食感もよかったです。

今回軽くトーストしてしまいましたが、焼かずに冷たいままのベーグルサンドが美味しいと思います。

2月お花教室

お天気良く温かい一日
今年初めてのお花教室です。
今日はお誘いしたお友達3人の初参加。
バイトに来てくださっている中村さん お茶の先生北原さん 犬婦人酒井さん
にぎやかで楽しい教室となりました。

まずは腹ごしらえ。初めて行く山羊印カレーをいただく。安くておいしい!

1時から綿半コットンにて
唐木先生お花教室

北原先生のUFO花器と苔むした枝 梅
苔むした枝は霧を吹くと淡いグリーンになる。

中村さんの持ってきたかご。
ちょっと暗めの赤紫のダリアを囲むように春らしいクリスマスローズを。
仕上げに梅の枝を半分ほどしごき蕾を丁寧にとり、人差し指と中指、親指でゆっくり曲げながらカーブをつけたものを刺す。(こうすると折れない)
下のほうの余分な蕾は取ってしまい上部部分に「ためる」ことをする。

椿は上向きに
筒状の花瓶はお花を生けるために生まれたので、お花を選ぶ。
先生は蕾のうちから生ける用に形を整えておかれるとのこと。
花瓶にあわない花は短く切って浅い器に並べると素敵。

黄色と黒の組み合わせは春を感じさせる花。
木の枝を逆さに入れるのには驚きましたが先生が生けると素敵に形になります。

最後に私が選んだ花器(菓器)とクリスマスローズ
りんごの里で植木を3鉢購入。すでに咲いたものだったのでそれを切って持参。
私は縦に生けましたが、先生は全部抜いてしまい「昔からお花をやっている母の世代はどうしても縦に生ける」とおっしゃりこのように生けなおしてくださいました。
before→afterで私の生けたものも撮っておけばよかった。
古木を枕にしてお花を上向きに。
ため息が出るほど素敵に生まれ変わりました。

クリスマスローズは50℃くらいのお湯で水揚げをすると(その際生けたい花の形を手で整えながら)花が上向きになり長持ちするそうです。

今回先生は伊那からご自分で運転されて、時間に余裕があったのか生徒さんとゆっくりお茶の時間を楽しまれました。
そこでお聞きする先生の人生観。お花に対する気持ちや心構え。
大変勉強になりました。
お花と人生勉強もさせていただく会
良いご縁に巡り合いました。